【知っておこう!】注文住宅を建てる際の注意点

公開日2022/04/06

注文住宅を購入するにあたり、不安を抱える方は少なくありません。当然、高額なので気軽には決められず、「失敗したらどうしよう」と思うと、一歩が踏み出しづらいもの。この記事では、注文住宅を建てる際の注意点を徹底解説します。読めば安心して注文住宅を建てられるようになるでしょう。ぜひじっくり読んでみてください。

注文住宅で失敗する主な原因とは?

まず、注文住宅を建てるとき失敗してしまう理由をみてみましょう。あらかじめ知っておくことで、失敗する確率を大きく引き下げられます。

こだわりが強くなりすぎてしまう

建売住宅は家の間取りや設備について決められませんが、注文住宅はほぼ自由と言っても過言ではありません。その結果、家の設計を考えているときに魅力的な設備や間取りに心が踊ってしまうのです。

「この間取りがいいなぁ」「あの設備も良いし、この設備も外したくない…」など、次々と要望が出てきやすく、それらをすべて実現させようとすると結果的に予算オーバーにつながってしまいます

慎重になりすぎてしまう

注文住宅を建てる時は、思い切りも必要です。「この設備はいらない」「この設備は必要」など取捨選択を明確にしていかなければ、施工店もプランを提案するのに苦慮してしまいます。その結果、なかなかプランが決まらずにズルズルと時間だけが過ぎていくのです。

もちろん、注文住宅を建てようとすると2,000万円や3,000万円の資金が必要です。その大半を住宅ローンでまかなうことになるでしょう。だからこそ慎重になりすぎてしまうのです。注文住宅を購入する際は、ある程度の大胆さも必要と覚えておきましょう。

注文住宅でよくある失敗事例

ここでは、注文住宅における具体的な失敗事例について紹介します。どれもあなたに当てはまる可能性があるものなので、事前に把握しておき備えましょう。

使い勝手の悪いキッチン

注文住宅において、キッチンにこだわりを持たせる例は多くあります。そもそもキッチンはお客さんからも見える空間であり、注文住宅を建てる時は「スタイリッシュなものにしたい」と考える方が多いのです。しかし、見た目を重視するあまり、実用性が疎かになる事例が頻発しています。

特に注意すべき点が、収納の少なさと動線の悪さです。キッチンでは食器や調理器具を使うので、それらを収納できる空間が必須です。収納スペースが足りているかを確認しながら、間取りを決めましょう。またシンクから近いところに冷蔵庫があるかなど、動線の確保も重要です。実際にモデルルームなど行き、動線を確認してみても良いでしょう。

子ども部屋の失敗

子どもがいたり、子どもを作ろうとしていたりする場合は、子ども部屋の確保も必要になります。そこで考えておきたいのが子どもの人数です。注文住宅で子ども部屋を1つだけ作っておいても、実際は子どもが2人になり、結果として子ども部屋が足りなくなるケースもあります。

生まれたばかりの時は、子ども部屋は必要ないかもしれません。しかし、大きくなるにつれて必要になるものなので必ず確保しましょう。また何人の子どもを考えているのかも明らかにしたうえで、子ども部屋の数を決めるべきです。

お風呂・トイレ・洗面所の配置で失敗

玄関からリビングにいくまでに洗面所が見えてしまうと、お客さんに生活感が丸見えになります。またリビングから見える位置にトイレを設けると、お客さんが利用しづらいなどの問題を抱えることになるのです。

まずは部屋のレイアウトを決める時に、そのお風呂・トイレ・洗面所の配置で良いか確かめてください。問題がある場合は、配置の変更を検討しましょう。

注文住宅を建てる際に注意するべきポイント

間取りをプランニングする段階での注意ポイントを紹介します。

家事動線と生活動線を意識する

重視されるのは家事動線であり、生活動線は後回しにされがちです。しかし家事動線重視のままであると、日常生活に問題をきたすことも少なくありません。そこで重要になるのが二つの動線のバランスです。どちらかに偏るのではなくどちらにもマッチしているような間取りや配置にするわけです。そうすることで、生活にストレスを感じにくい家造りができます。

見た目よりも実用性を重視する

住宅は個性を表すものでもありますが、見た目に囚われすぎると生活に問題が生じます。最近良く住宅に取り入れられているのが、ウォークイン・ウォークスルー収納です。見た目的なメリットが有り、多くの住宅が取り入れていますが、実のところデメリットも数多くあります。

そもそもウォークインにすることで床面積が増えてしまい、その分建築コストが上昇するのです。メリットとデメリットを明らかにした上で、最終的な判断を下しましょう。

 

注文住宅を建てる際の注意点をお伝えしました。気になることは解決できたでしょうか。注文住宅の購入は失敗できるものではありません。コストも掛かっており、簡単に作り直しもできないのです。だからこそ失敗しないように、失敗事例をたくさんチェックし同じ轍を踏まないようにしなければなりません。注文住宅を建てる際に注意するべきポイントも紹介したので、参考にしてもらえたら幸いです。それでは、あなたがより良い注文住宅を建てられるように願っています。

おすすめ関連記事