秋田県でおすすめの注文住宅メーカーをランキング形式で紹介します!
注文住宅を建てるのなら、決めなければならないことがたくさんあり専門的な知識も必要になります。ただし住宅建築には多方面の経験やノウハウがなければ納得できるものは建てられないため、注文住宅メーカー選びも重要なポイントになります。もしこれから秋田県で注文住宅を建てようと考えているのなら

・秋田県の魅力や坪単価などの費用について
・注文住宅の依頼先の種類
・住みやすい間取りとはどのようなものか

などについては、少なくとも事前に調べて確認しておくべきだと言えるでしょう。そうすればけば注文住宅づくりで不安を感じることは少なくなるはずです。そこで当サイトでは、建築を依頼する先についてなどの基本的な情報から秋田県での住宅メーカー選びのポイントまで、注文住宅に関するさまざまな情報をご紹介していきます。

さらにWEBアンケートをもとにおすすめの注文住宅メーカーをランキング形式でご紹介しています。そのほかにも「補助金などの制度について」「工務店とハウスメーカーの違い」などについても触れていきます。こういった情報を知っていることで、いざ注文住宅の建築を依頼しようと思ったときもスムーズに進めることができるでしょう。ぜひ当サイトで注文住宅建築に関する知識を深め、家族が安心して暮らせる家づくりをしてください。

目次

秋田県の注文住宅ランキングTOP3!

日沼工務店

おすすめPoint 高気密・高断熱・全館空調システムによる計画換気が機能したHAVE-S工法を確立

サンコーホーム

おすすめPoint 創業80年を超える歴史と伝統を守るプライドを持つ

ハシモトホーム

おすすめPoint 申請に係わる手続き等も専任のスタッフが対応する「ワンストップサービス」を提供。

秋田県の注文住宅比較ランキング!

日沼工務店

特徴 高気密・高断熱・計画換気の性能が高くデザイン性のある家づくり
ブランド パルジェ/アースワン/Groovin'
保証など 仕上げや設備の短期保証(2年)、構造部分などの長期保証(20年)など
こだわり 住宅性能、高水準の住まいづくり、デザイン性
お問い合わせ 電話・メールフォーム

高い住宅性能とオール電化で叶える安全・健康・快適な住まい

日沼工務店は、秋田・青森・仙台で住宅性能とデザイン性の高い家づくりをしている注文住宅メーカーです。高気密・高断熱・計画換気が機能したHAVE-S工法を確立し、一年を通じて快適に暮らせるオール電化の省エネ・長寿命住宅を提案しています。

デザイン性も高く「完全自由設計プラン」は、土地や方角を考慮しながら自由に設計ができ、種類豊富なオリジナルの建材・家具を使用したオンリーワンな家づくりを叶えてくれるでしょう。

Recomend Pointおすすめポイント
Point1 高気密・高断熱・全館空調システムによる計画換気が機能したHAVE-S工法を確立
Point2 オリジナルの全館空調システムにより、ワンフロア1台のエアコンのみで全館冷暖房
Point3 イタリア製家具、建材、設備など、ライフスタイルに合わせたオリジナリティある提案を実施

サンコーホーム

特徴 歴史と伝統を守るプライドを持つ
ブランド ファミリィエ/ハイブリッド床快/和ごころの家 など
保証など 引渡しから6カ月後、1年後、2年後、5年後、10年後に無償で計5回の定期点検など
こだわり 高いデザイン力
お問い合わせ 電話・メールフォーム

新築住宅年間着工棟数は秋田県トップ!創業80年の歴史ある工務店

サンコーホームは、新築住宅年間着工棟数、秋田県No.1を誇る住宅メーカーです。創業80年を超える歴史と伝統を守るプライドを持ちながら、現代の新技術や新材料を組み合せた耐久性、耐震性、省エネルギー性を兼ね備えた家づくりをしています。

また高いデザイン力にも定評があり、オリジナリティに溢れ人に自慢したくなるような住空間を提案してくれます。引き渡しから10年後までの定期点検もおこなっており安心です。

Recomend Pointおすすめポイント
Point1 創業80年を超える歴史と伝統を守るプライドを持つ
Point2 オリジナリティ溢れる個の世界として提案
Point3 無償で計5回の定期点検を実施

ハシモトホーム

特徴 青森・岩手・秋田の地域に密着
ブランド サンデーラテハウス/ママが笑顔になれる家/ZERO-CUBE(ゼロキューブ)
保証など 最長30年延長保証システムなど
こだわり 10年後、20年後の家族の成長をも見据えたプラン
お問い合わせ 電話・メールフォーム

高水準を誇る断熱性と気密性で寒い冬も暖かく過ごせる家づくりを提案

ハシモトホームは、青森・岩手・秋田の地域に密着し注文住宅や分譲住宅の建築、そして不動産探しや売却のサポートをおこなってきた会社です。各分野のプロが在籍しているので、土地の相談から資金計画、ローン、各種申請までワンストップサービスが可能。

設計においては趣味やライフスタイルに合わせるだけでなく、10年後、20年後の家族の成長をも見据えたプランを提案してくれます。

Recomend Pointおすすめポイント
Point1 申請に係わる手続き等も専任のスタッフが対応する「ワンストップサービス」を提供。
Point2 各分野のプロフェッショナルがチームを組んで、オンリーワンの住まいを叶える。
Point3 10年後、20年後の家族の成長をも見据えたプランを提案。

一条工務店

特徴 高性能で求めやすい価格
ブランド グラン・スマート/グラン・セゾン/アイ・スマートなど
保証など 住まいのサポートアプリ「i-サポ」、アフターメンテナンス依頼、サポート窓口、長期保証など
こだわり 実大実験を繰り返して追求した安心・安全
お問い合わせ メールフォーム

戸建て販売数は業界トップ。高性能な住まいを提案する老舗ハウスメーカー

一条工務店は、高い性能と手頃な価格の両方を満たすハイスペックな住まいを目指している工務店です。数多くの実大実験によって証明された住宅性能で、より確かな安心と安全を追求しているのが特徴です。

また展示場出展数は、住宅業界No.1で、モデルハウスが標準仕様という点にもこだわりがあります。保証やアフターサービスも充実しており、安心して依頼することができるでしょう。

Recomend Pointおすすめポイント
Point1 研究機関と連携し、より確かな安心・安全を追求してきた。
Point2 断熱材や窓、オリジナル住宅設備など多岐にわたる高品質な製品を自社グループで開発
Point3 展示場出展数は、住宅業界No.1

プライムハウス

特徴 無駄が少ない「コンパクトハウス」を提案
ブランド セルフィット/ブリス/ブリスグランデ
保証など 住宅瑕疵担保責任保険10年、地盤保証10年、シロアリ防止施工保証5年など
こだわり コンパクト、ワンランク上の資材や設備が標準仕様
お問い合わせ 電話・メールフォーム

コストを抑えて無理なく暮らせる“ちょうどいい住まい”を提案している

プライムハウスは、背伸びをせずに、自分らしく居心地のいい暮らしを実現するというコンセプトでコンパクトハウスを提案している住宅メーカーです。無駄な部分をなくして建築費用を抑え、余裕のある返済計画を実現してくれます。

また設備や資材を一括仕入れしているため、コストダウンも叶えておりより求めやすい価格で家づくりを提案してくれるでしょう。独自の不動産情報も保持しているのも大きな強みです。

Recomend Pointおすすめポイント
Point1 他社では扱っていない土地情報やこれから出る分譲地情報など、独自の不動産情報を提供
Point2 「コンパクトハウス」では、無駄な部分をそぎ落とし建築費も安く抑え、余裕のもった返済計画を立てられる。
Point3 設備や資材をメーカーや仕様を定めて一括仕入れすることでコストダウンを実現。

ここからは、秋田県の魅力をはじめ「注文住宅の依頼先ごとの特徴」「秋田県での注文住宅メーカー選びのポイント」などについて詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

【秋田の魅力】マイホームを建てるのにおすすめな理由

これから秋田県に移住を考えている方、秋田には住んでいるけれど実は魅力を知らないという方のために、まずは秋田県についてご紹介していきます。

秋田県について

秋田県は東北地方の北西部、日本海側に面した場所に位置しています。全国で6番目に大きな土地面積を誇りで、人口密度が低いためのどかでゆったりと過ごすことができる場所です。また県の中央には出羽山地があり、日本海と山の2つの自然が楽しめる場所でもあります。夏は青々とした緑が、秋には紅葉が、そして冬には樹氷と、一年を通じて美しい景色に触れられるでしょう。

また日本でも有数の米どころとしても知られている通り、食の面でも魅力を感じられる部分がたくさんあります。お米から作るきりたんぽやお酒も有名ですし、日本海の鮮魚や山々で収穫される青果、さらに佃煮などの加工品も豊富なので、食へのこだわりがある方にもおすすめの地域であると言えます。

秋田県の住環境

秋田県内でも地域によって異なりますが、県庁所在地である秋田市は行政機関が集中しておりJRなどの交通機関も充実しています。電車がバスを利用すればある程度どこでも行けますが、エリアによっては車での移動が必須となります。ただし職場から近い場所に家を建てる方が多く、人口密集度が低いため通勤の面でストレスを感じることは少なそうです。

秋田市には大型ショッピングセンターもあり、飲食店や買い物をする施設がまとまっています。車を持っている家庭も多いので、駐車場が充実しているのも暮らしやすいポイントです。さらに物価が全国平均に対して低いので、家族が多くさまざまなお金がかかることに不安を感じている方にも注目されています。

さらに子育て世代にとっての魅力が多いのも秋田県の特徴です。子育て支援に力を入れており、保育料や医療費の負担の助成などさまざまな対策をおこなっています。そして家庭学習が根付いていることなどから「全国学力・学習状況調査」において、毎年トップクラスの成績を記録しています。その教育を学ぼうと秋田県外から短期留学をおこなう制度もあるほど、秋田県は学習の面で長けている地域なのです。

秋田県の住宅事情

秋田県は平成30年に実施された総務省の「住宅・土地統計調査」にて、持ち家率が77.3%と全国で最も高い数値であることがわかっています。また1人あたりの住居畳数も17.23畳で1位となっており、広々としたゆとりのあるマイホームを建てている方が多いようです。

物価が安いことから広く安い家を建てられるのも秋田県の魅力であり、理想のマイホームを建てられるという面でも選ばれているようです。

ポイント
  • 秋田県は自然が多く残り、人口密度が低いためのんびりと暮らせる地域
  • 子育て支援のさまざまな制度が充実しており、子育て世代にも魅力が多い

秋田県の土地代・坪単価の費用相場と補助金制度

注文住宅を建てる場合は、まず土地探しからおこなう必要があります。土地探しをする前には、損をしないためにもぜひ建てたいエリアの土地の相場や坪単価などについて調べておきましょう。ここでは、秋田県の坪単価のほか住宅に関する補助金制度などについてもご紹介していきます。

秋田県の坪単価

すでにご紹介しているとおり、秋田県は全国で一番土地が安い場所としても知られています。2022年における公示地価ランキングでも、47都道府県中47位となっており土地を購入しやすい地域だと言えるでしょう。


そんな秋田県の公示地価は平均で2万5,203円/㎡、坪単価は8万3,315円/坪となっています。また土地の相場価格は5.0万円/坪、駅からの平均距離は27.9分、平均土地面積は126坪となっています。

秋田県の中で平均よりも坪単価が高い順にご紹介すると、1位は秋田市で、平均単価は11万5,000円/坪です。続いて由利本荘市が5万2,000円/坪、大仙市が4万4,000円/坪、大館市が4万2,000円/坪となっています。

住宅関連の補助金・助成金

より負担を減らして家づくりをしたい方は、自治体の補助金や助成金制度にも注目しましょう。秋田県として対応している住宅関連の支援制度としては「住宅リフォームの補助」「地場産材使用住宅建設の補助」があります。新築住宅への補助としては後者となり、これは県産材を所定割合以上利用した住宅を建築することによって受けられるものです。詳しい条件については、県のホームページなどを確認してみてください。

また県内でも各自治体によっておこなっている制度もあります。秋田市をはじめ、由利本荘市や大館市など多くのエリアで「移住支援制度」に対応しています。細かい条件は各自治体によって異なりますが、移住相談や住宅取得補助金や引っ越し支援金などの交付をおこなっていることが多いようです。ぜひ移住を考えている方は移住支援制度を確認してみてください。

また紳士地区建築の利子補給制度、補助・助成金制度に対応している自治体もあります。秋田市では利子補給制度として危険地域に代わる住宅を建築するための借入金の利子相当額を補給する制度、他世帯同居・近距離同居または子育て世帯移住促進事業補助金などの条件に該当する方に向けて補助や助成金の対応をしています。

こういった補助金などの制度は各自治体によって対応しているものも、その条件も異なります。ぜひ注文住宅建築を考えているエリアについて地域のホームページなどをチェックしてみてください。

ポイント
  • 秋田県はどの地域でも土地が安く購入しやすい
  • 自治体ごとに補助金や助成金の制度を導入しているのでチェックしてみて

注文住宅の依頼方法

これから注文住宅を建てる方は、注文住宅の種類やそれぞれの依頼方法などについて知っておくべきだと言えます。注文住宅は「フルオーダー住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」という三種類があり、それぞれ注文できる範囲が大きく変わります。

フルオーダー住宅

フルオーダー住宅は、間取りはもちろん構造や内装・外装、設備や壁紙、床材など家のすべてをゼロの状態から決めていく方法です。建築法などの法律をクリアしていればどんな家でも建てることができる、一番自由度の高い注文住宅です。

家づくりへの強いこだわりを持っている方、どんな家を建てたいのかイメージがしっかりと固まっている方には、この方法がおすすめです。また予算をかける場所とそうでない場所を自分で決められるというのもメリットです。内装にはお金をかけて外装は抑えるということもできるので、予算内で思い描いている家を建てることも可能です。

ただしあまりにもこだわりたい部分が多く、家族の希望をすべて詰め込んでいくと簡単に予算オーバーしてしまう可能性があります。限られた予算内で建てるためには、何を優先してお金をかけていくかを考えていく必要があるでしょう。

セミオーダー住宅

セミオーダー住宅は構造や性能、資材などの基本的な部分はあらかじめ住宅メーカーに決められており、施主は住宅設備のグレードや内装のテイストなどを決めていくという方法です。簡単な間取りの変更も可能ですが、根本から大きく変えることはできない場合が多いでしょう。

もちろん選択の幅はある程度広く用意してくれているので、ある程度家族の趣味嗜好、や使い勝手に合わせた間取りや内装、外装にすることは可能です。根本的な部分を決める必要がないので、フルオーダー住宅ほど打合せに時間がかかることはなく、また資材の規格なども決まっていることから短期間での建築ができるというメリットもあります。このような点から注文住宅よりも安く建築できるというのも大きなメリットでしょう。

ただしフルオーダーに比べると自分で選べる範囲は狭まってしまうので、家族の希望や理想をすべて叶えることは難しい可能性が高いでしょう。あらかじめ決められているものから大幅に変更するとその分費用が膨れ上がってしまうこともあるので、その点に注意して決めていく必要があります。

規格住宅

規格住宅は、住宅メーカーが提供している住宅のモデルからプランを選択して建てる方法です。セミオーダー住宅のように構造や建材、設備メーカーがあらかじめきめ決められているほか、間取りなども用意されたプランの中から選ぶためそのプランから変更することは基本的にできないそうです。

規格住宅のメリットは、注文住宅の中で最も安く短期間で建てられることです。さらに住宅メーカーの展示場やモデルハウスなど、実際に完成している家を先に見ることができるので、住んでからのイメージがしやすく家具などの購入や配置を決めておくことができるというメリットもあります。もちろん打合せの回数も少ないため、建て始めるまでの時間を節約できるのも規格住宅ならでは。

ただし、当然ですが他の方法に比べて自由度はかなり低くなっています。セミオーダーのように一部アレンジするということもできないので、どちらかといえば建売住宅に近い感覚だと考えておきましょう。また基本的には万人受けするオーソドックスなデザインである場合が多いので、個性的な家を望む方には向いていない方法です。

ポイント
  • 注文住宅には「フルオーダー」「セミオーダー」「規格住宅」の3つの依頼方法がある
  • それぞれメリットやデメリットがあるので、どの方法が最適なのかを考えてみよう

注文住宅の依頼先

注文住宅は依頼方法だけではなく、依頼先にもいくつかの選択肢があります。主な依頼先として挙げられるのが「工務店」「ハウスメーカー」「設計事務所」です。この3つはそれぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるので、依頼する前にどのタイプの依頼先がいいのかをある程度決めておきましょう。

工務店

工務店は基本的に地域密着型の営業をしている建築業者です。工務店にもいくつかの種類があり、設計から施工・営業まで建築に関わる全ての機能を備えている「独立型工務店」、自社に設計士が在籍しておらず設計事務所や建築家と提携して設計を任せ、と組んで施工だけを担当する「施工特化型工務店」、ハウスメーカーからの下請け業務のみをおこなう「下請け特化型工務店」に分かれています。

そのほか新築建築はおこなわず、リフォーム専門で対応している工務店などもあり得意としている分野が細分化されているのもごとに営業していることが多いのが工務店の特徴です。独立型工務店や施工特化型工務店は設計に柔軟な対応をしてくれることも多く、比較的自由度の高い注文住宅の建築が可能です。

また基本的に全国区での営業ではないため、大規模な宣伝をおこないません。その分宣伝広告費がかからないため、ハウスメーカーに比べて安く対応してもらえることが多いようです。ただし工務店は業者によって技術力や品質、デザイン力などにバラつきがあるので、依頼する前に十分そのような点を吟味する必要があるでしょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは全国的に展開している大きな企業で、規格化された住宅の販売を得意としています。ハウスメーカーの注文住宅というと、多くの場合セミオーダー住宅や規格住宅であることが多いようです。中には完全自由設計を謳っているハウスメーカーもありますが、構造や部材などは決められないことがあるでしょう。

ハウスメーカーのメリットは、品質や管理体制が安定しておりどの地域で建てても一定の品質が保たれるという点です。規格化された部材を利用して建築するので、現場の職人の腕に関わらず高い品質の家を建てることができます。また経営基盤が安定しているので、安心感があるという店、アフターサービスが充実しており専門の窓口などが設けられているという点もメリットでしょう。

ただし他の依頼先に比べると自由度が低くなりがちである点、また広告宣伝費を多くかけているのでその分が上乗せされて住宅建築の費用が高くなる傾向にある点などのはデメリットもありますです。

設計事務所

設計事務所は設計士の資格を持つ建築家が独立し、建物の企画や設計、また監理などをおこなう業者です。建築家一人でおこなっている企業もあれば、建築家数名が集まって組織として運営している企業もあります。住宅建築においての設計と、施工管理をは設計事務所が担当し、施工自体は提携している工務店に依頼することが多いようです。

設計事務所に依頼する一番のメリットは、柔軟でデザイン性の高い設計ができるという点です。設計に特化したプロが、これまでの経験やノウハウを駆使して最適な提案をしてくれます。そのため狭小地や変形地など設計が難しい土地であっても、最大限住みやすく希望を叶えた家づくりをしてくれるでしょう。おしゃれで個性的な家を建てたい方は、設計事務所に依頼するのがおすすめです。

ただし設計事務所に依頼する場合、設計費の支払いがあるため工務店だけに依頼するよりも全体的な費用が高くなってしまいます。またゼロの状態からすべてを決めていくので、設計をスタートしてから完成するまでに1年以上の長い期間がかかってしまう可能性もあります。

ポイント
  • 注文住宅は主に「工務店」「ハウスメーカー」「設計事務所」に依頼できる
  • 価格や設計、品質などの面で特徴やメリット・デメリットが異なるのでよく理解しておこう

注文住宅のおすすめの間取り

注文住宅を建てる場合に長い時間悩んでしまうのが間取りではないでしょうか。住んでからのイメージをしながら、家族に最適な間取りを考えるのは大変なことです。ここでは、注文住宅で押さえておきたい間取りのポイントをご紹介していきます。

収納

家づくりで一番と言っていいほど重視したいのが収納です。収納は少なすぎると家具で溢れて狭い家になってしまいますし、多すぎると住空間を減らしてしまうためとてもバランスが難しいものでもあります。そのため収納は、必要な場所に必要な大きさを設置することが大切だと言われています。

たとえばベビーカーやアウトドア用品、など外で使うものが多い家庭なら、玄関収納を大きめにするのがおすすめです。家族が多く洋服が多いのなら、ファミリークローゼットなどを検討してもいいかもしれません。何をどこにどのくらいの量収納するのかを考え、不便のない収納にしていきましょう。

生活動線・家事動線

ストレスなく家の中で過ごすためには、生活動線や家事動線に配慮した間取りにすることも大切です。とくに家事動線は毎日の家事の負担やストレスに大きく影響する部分なので、じっくりと考えていきましょう。

洗濯したらすぐにその場で干せるような広々としたランドリースペースを確保する、キッチンのどちらからでも出入りができるようにアイランド型にするなど、家事をする人にとって何が楽なのかを考えてみてください

部屋数

将来のことを考えた部屋数にすることも、間取りぎめで押さえておきたいポイントです。お子様が大きくなったときにどのくらいの部屋が必要なのか、またお子様が巣立った後に管理しやすい部屋数はどのくらいなのかなども考えておきましょう。

部屋を仕切る壁を変更できるなど、リフォーム性に優れている家にすることも検討してもいいかもしれません。今だけではなくこれからのことも考え、家族が暮らしやすい部屋を作り上げていきましょう。

ポイント
  • 収納は暮らしやすさを左右する重要なポイント
  • ストレスや負担を減らすための家事動線や生活動線を考えよう

注文住宅はどんなポイントを重視する? WEBアンケートで調査!

近ごろはどの建築物も、頑丈で快適に過ごせるようこだわり尽くして設計されています。それは一戸建て住宅も例外ではなく、とりわけ注文住宅だと、デザイン性や間取りなども気にする方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、実際に消費者が何を重視しているのかまでは、わかりませんよね。

今回はそんな疑問を解消するために、注文住宅を建てるにあたって重視するポイントは何か、というテーマでアンケート調査を実施しました。どんな回答になったのか、さっそく見てみましょう。

もっとも回答数が多かったのは、「性能(断熱性や耐震性、省エネなど)」で、38%を占めていました。断熱性や気密性などは、快適な空間を保つために欠かせない要素です。日本の夏は非常に厳しく、また秋田県の場合だと厳しい冬を迎えますから、室温を適温で保てるのは必須条件となるでしょう。

また3.11はもとより、近年では2021年の2月、そして1年後の3月にも東北で大きな地震が発生しました。昔よりも対策が徹底されたことで、大地震による被害が出にくくなってはいるものの、まだまだ予断は許されません。同じく東北地方に位置する秋田県も、たびたび大きな地震に見舞われるため、耐震性や免震性なども必須となるでしょう。

次に多く回答があったのは「価格」で、36%の方々が答えていました。マイホームは何十年とかけてローンを返済していくことになるので、なるべく価格を抑えられないか、住宅メーカーと何とか折り合いをつけていくことになるでしょう。

続いて「デザイン」を重視する方は、13%となりました。見た目のよさはもちろん、景観も考慮してデザインしてくれる住宅メーカーは、センスだけでなく配慮があることも感じ取れます。

次に多かったのは「アフターフォロー」で、7%の方々が回答していました。マイホームというのは、建てたらそこで終わりではなく、その家に長く暮らせることが重要になります。そのためには、定期的なメンテナンスをしなくてはなりません。

このメンテナンスは、保証期間内であればある程度は無償で済む場合もありますが、その期間を過ぎたり、また対象外のメンテナンスもあるため、各メーカーがどんなフォロー体制になっているのかも吟味しなければならないでしょう。

そして「口コミや評判」は、6%の方々が気にされているようでした。普段何かしら市販品を購入する際も、買って使ってみたらあまりいいものではなく、あとから口コミや評判を見てみたら、自分と同じ意見をいっていて「先に見ておけばよかった」と後悔したこともあるでしょう。注文住宅は特に失敗できない買い物ですから、実際にその住宅メーカーを利用した方の意見はチェックしておきたいですよね。

アンケートの結果はここまでとなりますが、注文住宅を購入するにあたって、消費者の方々がどんなことを気にしているのか、おわかりいただけたのではないでしょうか。なお当サイトでは、機能的でデザイン性の高い注文住宅メーカーもご紹介しています。素敵なマイホームを建てられるよう、住宅メーカー探しをしてみましょう。

次の見出しでは、秋田県の住宅メーカー選びのポイントについて、より詳細に解説していますので、このまま読み進めていってください。

秋田県の住宅メーカー選びのポイント

それでは最後に、実際に秋田県で注文住宅を依頼する場合の住宅メーカー選びのポイントを見ていきましょう。満足できるマイホームづくりができるかどうかは、住宅メーカーにかかっています。ぜひ下記のようなポイントをチェックして、最適な住宅メーカーを選んでください。

住宅性能

秋田県は冬の寒さが厳しい地域でもあるので、気密性や断熱性など住宅性能にこだわった家づくりをしてくれる住宅メーカーを選びましょう。一年中快適に過ごせる性能の家は、家族が健康に暮らせる家でもあります。家庭内でのヒートショックといった事故、寒さ・暑さによるストレスなどをできるだけ防ぐためにも性能は重要です。

また日本のどこにいても不安な地震に対する耐震性能、制振性能などに優れた家づくりをしてくれるかどうかもチェックしたいポイントです。万が一の災害時でも家で過ごすことができれば、少しでも不安やストレスを減らすことができるはずです。

デザイン性

世界にひとつだけの家族らしい家づくりをしたいのなら、デザイン性の高い家を提案してくれる住宅メーカーがおすすめです。あらかじめ決められたデザインだけではなく、家族の趣味嗜好や感性、希望に合わせた設計やデザインをしてくれるメーカーなら、満足度の高いマイホームが完成するはずです。

またデザインに関する知識が高くたくさんのノウハウを持っている住宅メーカーなら、素人では思いつかないさまざまな提案をしてくれるでしょうはずです。想像を超える提案をしてくれるようなメーカーを見つけて、素敵な家づくりをしてください。

保証・アフターサービス

住宅メーカーは保証やアフターサービスに力を入れていることも多いですが、その内容はメーカーごとに異なります。住宅に対する保証だけではなく設備への保証などに対応している場合もあれば、ちょっとした住宅のトラブルを相談できる窓口を設置しているメーカーなどもあります。

どのような保証やアフターサービスがあれば家族が安心して暮らせるのか、また万が一のときに不安を感じないのかなどを考えて、最適な保証やサービスを提供しているメーカーを探しましょう。

スタッフ対応

建築の技術や品質はもちろんですが、そこに関わる人が信頼できるかどうかというのも重要なポイントです。だからこそ依頼主の意見や家に関する悩みを聞いてくれて、それに真摯に対応してくれるような信頼できるスタッフがいる住宅メーカーを選びえらびましょう。

家は建てるまでよりも建ててからの方が付き合いが長いものです。何十年先までも頼りたくなるようなスタッフがいれば、きっと満足できる家づくりができるはずです。少しでもスタッフの対応に不安や疑問を感じたのなら、できるだけ他のメーカーにも相談して本当に信頼できるメーカーを見つけてみてください。

ポイント
  • 家族の健康や暮らしやすさを考えた住宅性能を提供してくれるメーカーを選ぼう
  • 家族らしい家づくりをするためには、デザイン性の高い住宅を提供しているメーカーがおすすめ

秋田の気候に合った、快適で長く住み続けられる夢のマイホームを手に入れよう!

お金をかけて何十年も暮らす家を建てるのですから、さまざまな不安を感じる方もいるでしょう。そんな不安を解消してくれ、秋田の気候風土に合わせた快適に過ごせる最適な家づくりをしてくれる住宅メーカーを見つけてください。

県内の住宅メーカーは数多くありますが、まずは気になるメーカーに資料請求や相談をしてみましょうてください。はじめから一社に絞るのではなく、何社かに相談して決めていけば後悔のない家づくりができるはずですでしょう。

【秋田県】注文住宅メーカーおすすめ比較表

イメージ
会社名日沼工務店
一条工務店
ハシモトホーム
サンコーホーム
プライムハウス
特徴
高気密・高断熱・計画換気の性能が高くデザイン性のある家づくり
高性能で求めやすい価格
青森・岩手・秋田の地域に密着
歴史と伝統を守るプライドを持つ
無駄が少ない「コンパクトハウス」を提案
ブランド
パルジェ/アースワン/Groovin'
グラン・スマート/グラン・セゾン/アイ・スマート など
サンデーラテハウス/ママが笑顔になれる家/ZERO-CUBE(ゼロキューブ)
ファミリィエ/ハイブリッド床快/和ごころの家など
セルフィット/ブリス/ブリスグランデ
保証など
仕上げや設備の短期保証(2年)、構造部分などの長期保証(10年)など
住まいのサポートアプリ「i-サポ」、アフターメンテナンス依頼、サポート窓口、長期保証など
最長30年延長保証システムなど
引渡しから6カ月後、1年後、2年後、5年後、10年後に無償で計5回の定期点検など
住宅瑕疵担保責任保険10年、地盤保証10年、シロアリ防止施工保証5年など
こだわり
住宅性能、高水準の住まいづくり、デザイン性
実大実験を繰り返して追求した安心・安全
10年後、20年後の家族の成長をも見据えたプラン
高いデザイン力
コンパクト、ワンランク上の資材や設備が標準仕様
お問い合わせ
電話・メールフォーム
メールフォーム
電話・メールフォーム
電話・メールフォーム
電話・メールフォーム
詳細リンク詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト