おしゃれな注文住宅のために!外観や内装の押さえておきたいポイント?

公開日2024/05/15
最終更新日2024/05/07

注文住宅を建てるとき、誰もが憧れるのがおしゃれな家です。しかし、いざ実際に家を建てようとすると、どんなデザインにすれば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、おしゃれな注文住宅を実現するための外観と内装のポイントについて詳しく解説していきます。

外観デザイン!こだわりのマイホームを叶える

注文住宅の外観デザインは、住まいの第一印象を大きく左右する重要な要素です。好みのデザインを選ぶことはもちろん、周辺環境との調和や機能性も考慮する必要があります。

理想の外観デザインを見つける

まず大切なのは、自分がどのような外観デザインに惹かれるのか、イメージを膨らませることです。雑誌やインターネットで注文住宅の施工事例を参考にしたり、実際に街中の家を眺めたりしながら、好みのデザインを探しましょう。注文住宅の施工事例は、様々なデザインのものが数多く公開されています。

まずは、自分が「素敵だな」と感じた家をいくつかピックアップしてみましょう。その際、単に外観のデザインだけを見るのではなく、その家の周辺環境や雰囲気も合わせて考慮することが重要です。

例えば、周囲に緑が多い住宅街であれば、自然素材を使った温かみのあるデザインが良く似合うでしょう。

また、街中の密集した住宅街であれば、あまり派手な色やデザインを選ぶと、浮いてしまう可能性があります。周囲の建物との調和を考えながら、自分たちの理想の外観デザインを見つけていきましょう。

外壁の素材・質感・色味にこだわる

外壁は、住まいの外観を大きく左右する要素です。素材や質感、色味によって、家の印象は大きく変わります。

外壁に使用できる素材は、木目調、タイル、サイディングなど、様々な種類があります。

自然な温かみのある外観を演出したい場合は、木目調の外壁がおすすめです。最近では、本物の木材を使用した外壁だけでなく、樹脂製の擬木外壁も人気があります。樹脂製は耐久性に優れており、メンテナンスの手間もかかりません。

高級感のある外観を演出したい場合は、タイル外壁がおすすめです。タイルには様々な種類があり、色や柄も豊富なので、自分たちの好みのデザインを選べます。

コストパフォーマンスを重視したい場合は、サイディング外壁がおすすめです。サイディングは、比較的安価で施工も簡単です。また、デザインも豊富なので、選択肢が広いというメリットもあります。また素材だけでなく、質感にもこだわりましょう。

例えば、木目調の外壁であれば、ツートーンカラーにすることで、より表情豊かな外観になります。タイル外壁であれば、表面加工によって光沢感やマット感を出すことができます。

外壁の色味は、周辺環境との調和も考慮する必要があります。あまり派手な色を選ぶと、目立ってしまう可能性があります。周囲の建物との調和を考えながら、自分たちの好みの色を選びましょう。

内装デザイン!居心地の良い空間を演出

注文住宅を建てるとき、外観デザインと同様に重要なのが内装デザインです。せっかくのマイホームですから、居心地の良い空間を演出したいですよね。

テイストを決める

内装デザインを考える際には、まずどのようなテイストにしたいのか、イメージを固めることが大切です。

洗練された都会的な雰囲気を演出したい場合は、モダンテイストがおすすめです。モノトーンカラーを基調としたシンプルなデザインや、ガラスや金属などの素材を使ったインテリアが特徴です。

また自然素材を使った温かみのある空間を演出したい場合は、ナチュラルテイストがおすすめです。木目調の家具や、コットンやリネンなどの天然素材を使ったアイテムを取り入れることで、リラックスできる空間になります。シンプルで機能的な北欧デザインも人気です。

白やグレーなどの淡い色を基調とした明るい空間や、木製の家具や観葉植物を取り入れたナチュラルな空間を演出できます。

素材

床材や壁材、家具などの素材によって、空間の雰囲気は大きく変わります。

木目調の素材は、温かみのある空間を演出するのに最適です。床や壁、家具などに木目調の素材を使うことで、リラックスできる空間になります。

タイルは、水回りに最適な素材です。キッチンや浴室、トイレなどにタイルを使うことで、清潔感のある空間になります。

カーテンやソファ、クッションなどのファブリックは、空間の雰囲気を柔らかくするのに効果的です。例えば、コットンやリネンなどの天然素材を使ったファブリックを選ぶと、ナチュラルな空間になります。

照明

照明は、空間の雰囲気を演出する上で重要な役割を果たします。天井に設置するメイン照明は、部屋全体を明るく照らす役割があります。

また間接照明は、壁や床に光を反射させて、柔らかい光を演出する役割があります。

タスク照明は、読書や作業をするためのタスク照明は、必要な場所に必要な明るさの光を照らす役割があります。

メイン照明、間接照明、タスク照明を組み合わせることで、居心地の良い空間を演出できます。

理想の住まいを具体的にイメージしよう

おしゃれな注文住宅を実現するためには、まずどのような外観や内装にしたいのか、具体的なイメージを持つことが大切です。

雑誌やインターネットで施工事例を参考にする

注文住宅の施工事例は、様々なデザインのものが数多く公開されています。まずは、自分が「素敵だな」と感じた家をいくつかピックアップしてみましょう。

その際、単に外観のデザインだけを見るのではなく、その家の周辺環境や雰囲気も合わせて考慮することが重要です。

例えば、周囲に緑が多い住宅街であれば、自然素材を使った温かみのあるデザインが良く似合うでしょう。

まとめ

注文住宅を建てる際には、外観デザインと内装デザインの両方にこだわりたいものです。外観デザインでは、周囲環境との調和や素材、色味にこだわり、理想の外観を見つけることが大切です。

内装デザインでは、テイストを決めて素材や照明を工夫し、居心地の良い空間を演出します。自分たちのライフスタイルや好みに合わせて、おしゃれな注文住宅を実現しましょう。